食品・食材

スムージー毎日危険?飲みすぎのデメリットや効果的な飲み方

スムージー・毎日・危険・飲みすぎ・デメリット・効果的・飲み方

 

栄養素がたくさん入っており、足りない野菜を補ってくれる上に手軽に取り入れることができることから人気のスムージー。

実は、毎日飲むと危険だという声があるようです。

毎日の習慣になっている人からしたら気になる声ですよね!

飲みすぎのデメリットは?効果的な飲み方はあるの?

スムージーは、何故毎日飲むと危険と言われているのか、より効果的な飲み方について等をご紹介致します。

 

スムージー毎日は危険?

スムージー毎日は危険?

スムージーは何故毎日飲むと危険と言われているのでしょうか?

 

1つ目は、栄養の偏りによる栄養不足の危険です。

こちらはダイエットや置き換え等で取り入れている人は特に注意が必要です。

 

2つ目は、糖質の摂取量が多くなりやすいということです。

砂糖を入れなくても野菜や果物に元々含まれている糖質があるので、その糖質を摂りすぎると危険だということのようです。

 

3つ目は、体が冷えやすくなるので、便秘になりやすくなるということです。

 

4つ目は、アレルギーを発症させてしまう可能性があるということでした。次項より詳しくご紹介していきたいと思います。

 

スムージー毎日飲むデメリット

スムージー毎日飲むデメリット

栄養の偏りによる栄養不足については、スムージーに使われている野菜や果物には、たんぱく質や鉄分が入っていないことが多く、栄養素が偏ってしまいます。

毎日違う野菜や果物で作ることができれば違うようですが、そうするとコストが掛かり過ぎてしまうので、毎日続けることは難しくなってしまいますね。

 

置き換えダイエットで取り入れている人は、栄養不足になりかねないので他の食事でしっかり栄養素をとらなくてはいけません。

 

次に、糖質の摂取量が多くなってしまう事ですが、前述したように野菜や果物にも糖質が含まれているため、一日の摂取量を超えないように計算しながら取り入れなくては過剰摂取に繋がってしまいます。

 

そして、便秘になりやすいということですが、スムージーは冷たいので体を冷やしてしまう可能性があります。

スムージーを飲むと体温が上がりにくくなって代謝があがらないので体調に影響してしまいます。

代謝が上がらないのと、飲料なので咀嚼をしないことが、便秘に繋がりやすいと言われているようです。

 

最後は、アレルギーを発症してしまう可能性があるということです。

スムージーに使われる事が多い、バナナや牛乳等、毎日摂取することでアレルギーを誘発する要因になるかもしれないのです。

 

スムージー飲み過ぎたらどうなる?

スムージー飲み過ぎたらどうなる?

スムージーは、飲み過ぎたらどうなるのでしょうか?

 

野菜を手軽に取ることができるスムージーですが、手軽さ故についつい飲みすぎてしまうこともありますよね!

しかし、前述したように、飲みすぎてしまうと糖質の摂りすぎになってしまいます。

その糖質の摂りすぎによって太る可能性がでてきてしまうのです!

 

スムージーは、野菜だけだとどうしても飲みにくくなってしまいます。

果物を加えると、マイルドになったり甘みを感じることができるので飲みやすくなります。

 

しかし、果物には糖質が多く含まれているので、色々な種類のものを入れて作ると1杯でも糖質オーバーになるかもしれません。

 

スムージー効果的な飲み方

スムージー効果的な飲み方

それでは、スムージーの効果的な飲み方はあるのでしょうか?

スムージーは、ビタミンや炭水化物の摂取ができる代わりに、たんぱく質は補いにくいので、たんぱく質や脂質等他の栄養素を一緒に食べる食事で補う事が必要です。

 

一緒に、噛みごたえがあるものを食べることが良いとされているようです。

スムージーは咀嚼をしないので、しっかり噛みごたえのあるものを一緒に摂ると、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

大きく切った野菜サラダや高たんぱく質の鶏肉を取り入れて、栄養バランスをとることも意識すると良いですね!

 

スムージー毎日危険?飲みすぎのデメリットや効果的な飲み方まとめ

 

今回は、スムージーを毎日飲むと危険なのかや、飲む過ぎのデメリット等をご紹介いたしました。

スムージーの効果を上手く取り入れるためには、飲み方を工夫したり、飲む時間を意識したりして、過度に摂りすぎないようにする必要があるようです。

スムージー作りに慣れてきたら、自分の体調に合わせて、摂る栄養素を考えて野菜や果物選びをするようになるともっと楽しいですね!

スムージー毎日危険なのか?のほかにもカゴメグリーンスムージー太る?と気になる人はこちらもみてみてくださいね!