食品・食材

パイナップル食べてはいけない・デメリットは?体に悪い・健康には?

パイナップル・デメリット・体・悪い・どのくらい・食べて良い

 

パイナップルと言えば、甘酸っぱくて子どもから大人まで人気の果物です。

そんなパイナップルですが、実は食べることで起こるデメリットがあるという声や、体に悪いという声があるようです。

どのくらい食べていいの?体に悪いって本当?

パイナップルを実際に食べることで起こるデメリットはあるのか?そして、本当に体に悪いのか等をご紹介していきたいと思います。

 

パイナップルは体に悪いって本当?

パイナップルは体に悪いって本当?

パイナップルが、何故体に悪いと言われているのかを調べてみました。

 

どうやら、パイナップルに含まれている果糖が関係しているようです。

果糖を摂りすぎたことで起こるのは、中性脂肪が増加する、悪玉菌が育つ、痛風が起こるということでした。

 

果糖の特性で、体内に吸収されやすいということがあり、中性脂肪の増加に繋がってしまったり、血糖値が上がって太る原因になる可能性があります。

そして、腸内の悪玉菌が育ってしまうと尿酸が作られて痛風の要因になってしまいます。

 

果糖は摂りすぎなければこのような事が起こることは少ない為、食べる量の調整が必要だということですね!

 

パイナップル食べてはいけない?大丈夫?

パイナップル食べても大丈夫?

もし前述した現象が起こるのであれば、パイナップルを食べて良いのか心配になりますよね!

 

パイナップルには、ビタミンCやセラミドが含まれていてお肌に嬉しい効果があります。

食物繊維も豊富なので便秘予防にも良いとされていますね。

他にも、疲労回復の効果が期待できたり、高血圧の予防にもなったりするようです。

 

パイナップルに含まれているカリウムは、体内の余分な塩分を体から出してくれるので、血圧を抑えてくれる働きがあります。

その働きによって高血圧の予防になる効果が期待できるようですね!

 

このように、食べると体に良いことがたくさんあるパイナップルは、摂取量に気をつけて上手に取り入れていきたいですね。

 

パイナップルのデメリット

パイナップルのデメリット

パイナップルを食べ過ぎた場合に起こる可能性があると言われているのは、体が冷えてしまう、下痢になってしまう、腹痛を起こす、胃腸が痛くなる、口の中が痺れるといったものでした。

 

パイナップルを食べると体が冷えてしまうということですが、寒い所で育つ果物は体を温める効果があり、暑い所で育つ果物には体を冷やす効果があるとされています。

パイナップルは南国で育つ果物なのでこのように言われているようですね。

 

腹痛や胃腸の不調等、お腹の調子が悪くなるということについては、パイナップルに含まれているブロメラインという成分が原因の可能性があるようです。

ブロメラインはたんぱく質を分解する働きがあり、胃の粘膜のたんぱく質も分解してしまい、お腹の調子を悪くしてしまうのです。

 

口の中が痺れてしまうことは、経験している人も多いかもしれません。

それは、パイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素のブロメリンによって起こっている症状の可能性があります。

たんぱく質を溶かす働きがある為、大量に摂取した時や口内が荒れていた時などに口の中が痺れたりするそうです。

 

パイナップルどのくらい食べて良い?

パイナップルどのくらい食べて良い?

パイナップルは糖質が含まれているので、食べすぎてしまうと太ってしまう可能性がでてきてしまいます。

それでは、どのくらいまでなら食べても良いのでしょうか?

 

パイナップルは、100gあたりだいたい53kcalだそうです。

一日の摂取量は100gぐらいまでが適量といえるようです。

一口サイズにカットしたものが、8kcalくらいなので、6〜9切れぐらいで留めておくといいようです。

 

ちなみに缶詰のパイナップルは、砂糖が多く使われているシロップに漬けられているため、100gあたり76calと生のパイナップルよりもカロリーが多いので、食べる時は食べ過ぎないように気をつけなければなりません。

 

パイナップル食べ過ぎ太る?

パイナップル食べ過ぎ太る?

 

パイナップルを食べ過ぎると太ると言われているのは何故なのでしょうか?

栄養素やお肌に良い成分がたくさん入っているパイナップルですが、実は、果物なので糖質もあります。

糖質があると言われるとカロリーが高いのでは?と心配になりますよね。

しかし、パイナップルのカロリーは100gあたり51kcalとそこまで高いわけではありません。

糖質も11.9g程なのでデザート程度に輪切りにしたものを2枚食べても問題ないとされています。

食後血糖値の上がり方を示す指数のGI値が他の果物と比べると高めなので一度に食べる量を調整する必要があるようです。

 

パイナップル夜はダメ?

パイナップル夜はダメ?

 

パイナップルには、糖質が含まれているので、夜に食べるのは気になりますよね。

パイナップルは夜に食べるとどうなのかを調べてみました。

やはり、夜にはエネルギー消費が見込めない為、摂った分の余分なカロリーは体に蓄えられてしまい、太る原因になる可能性があります。

 

ちなみに、缶詰のパイナップルはシロップに浸かっているので生のものよりカロリーが高くなりやすいので食べるタイミングは特に注意が必要です。

そして、南国の果物特有の「体を冷やす」特性があるので、寝る前に食べて体を冷やしてしまうと、寝付きが悪くなってしまうこともあるようです。

夜に食べるのは必ずしもだめだということではなく、寝る前に食べるのは控えたほうが良さそうです。

 

パイナップル食べる時間帯

パイナップル食べる時間帯

 

それでは、パイナップルを食べる時間帯はいつが良いのでしょうか?

一番おすすめされているのが多かったのは朝の時間帯に摂取するということです。

 

食物繊維の中でも不要性の食物繊維が豊富に含まれているパイナップルは、朝に食べると便通を良くしてくれる働きがあるので効果的なのだそうです。

たんぱく質を分解してくれる酵素のブロメリンによって消化吸収を助けてくれる上に、腸内環境を整えてくれるので、便秘の解消等の効果が期待できます。

加熱してしまうと、この分解酵素の働きが弱くなってしまうので生のものを選んで食べる方が良いようです。

 

パイナップル食べ過ぎがよくない理由

パイナップル食べ過ぎがよくない理由

 

パイナップルは美味しくてついついたくさん食べてしまいたくなりますが、たくさん食べ過ぎると起こる事があるようです。

下がピリピリと痺れたようになることがあった人もいるのではないでしょうか?

 

前述したたんぱく質を分解してくれる酵素のブロメラインによって引き起こされているようです。

大量にパイナップルを食べると下の粘膜を保護しているたんぱく質も分解してしまい、舌がむき出しの状態になってしまうのが原因なのだそうです。

そして、同じくブロメラインによって胃の粘膜を保護するたんぱく質も分解してしまい、胃痛を起こしてしまうこともあるようです。

適量を摂取するようにすすめられる理由には、太る以外に体の不調に繋がってしまう可能性があってのことだったのですね。

 

パイナップル食べてはいけないって本当?

パイナップルを食べてはいけないと言われているのは本当なのでしょうか?

何故そのように言われているのかを調べてみました。

 

パイナップルに含まれているものの中に、果糖という成分があり、体に吸収されやすい特性を持ちます。

吸収されるとすぐに肝臓でブドウ糖と中性脂肪に変化します。摂取する量が多いとブドウ糖の量が増えてしまい血糖値を上げてしまうのです。

血糖値が上がってしまうと様々なリスクが出てきてしまいます。

 

その他にもアレルギーを発症してしまう可能性があるということも、食べてはいけないと言われている要因の一つでしょう。

 

パイナップル毎日食べるとどうなる?

パイナップル毎日食べるとどうなる?

それでは、パイナップルを毎日食べるとどうなるのでしょうか?

 

毎日食べることで起こる可能性がある症状は、前述したように病気のリスクが高くなるということと、南国のフルーツなので体が冷えてしまったり、含まれているブロメラインという成分が原因の胃痛が起こってしまったりします。

しかし、適量を毎日摂ることで得られるメリットもあるのです。

 

毎日、適量を食べると起こるメリットは、お肌の調子が整うということと、腸内環境が改善されて、便秘の解消になるということがあります。

次項よりそれぞれ起こるメリットを詳しく説明していきたいと思います。

 

パイナップル肌への影響

パイナップル肌への影響

パイナップルはお肌の調子を整えるというメリットがあるとお伝えしましたが、具体的にどのような影響があるのでしょうか?

パイナップルは、お肌の調子を整えてくれるビタミンCやビタミンB1が含まれています。

肌にハリをもたらせてくれたり、肌荒れを防いでくれたりします。

 

その他にグルコシルセラミドという成分が肌にうるおいを与えてくれたり、シミを減少させたりする効果が期待できるようです。

誰もが気になるお肌の調子を整えてくれるのは嬉しいですね!

 

パイナップル便秘への影響

パイナップル便秘への影響

パイナップルの効果には、もう一つ体に良い影響があるとされています。

前述したように、腸内環境が改善されて、便秘の解消に繋がるという効果が期待できるということです。

パイナップルには、食物繊維が豊富に含まれています。

 

食物繊維の中でも、水に溶けにくい不溶性の食物繊維が入っているので、水分を吸収し便の量を増やす働きをしてくれて、便秘の解消だけでなく、予防にもなると言われています。

腸にとどまった老廃物を排出してくれるということですね。

そして、善玉菌の餌となるので、その作用によって善玉菌が増えてさらに腸内環境を整えてくれるようです。

 

パイナップル食べてはいけない・デメリットは?体に悪い・健康には?まとめ

 

パイナップル食べてはいけない・デメリットは?体に悪い・健康には?をご紹介いたしました。

パイナップルには体に嬉しい栄養素や、効果が期待できるものがたくさん含まれていることがわかりました。

食べ過ぎると起こるデメリットを頭に入れて、パイナップルを程よく摂取できることが一番いいですね!健康の為に少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか?