ピーナッツ食べ過ぎ太らない太る?摂りすぎはどうなる?

ピーナッツ・食べ過ぎ・太る・太らない・摂りすぎ・どうなる 食品・食材
スポンサーリンク

 

ピーナッツはよくダイエットの時などに、食べていいおやつとして紹介されていることがありますよね。

でも食べやすいので、ついつい食べ過ぎてしまって太る?なんてことも!

ピーナッツは、本当に食べ過ぎると太るのかや、カロリー、食べ過ぎた時はどうなるか等をご紹介いたします。

 

ピーナッツ食べすぎると太る太らない?

ピーナッツ食べすぎると太る太らない?

ピーナッツとは、落花生の殻と皮を剥いている状態の中身を言うそうです。

既に、殻や皮が向いてある為、手軽に食べやすく加工食品としても数多く出回っています。

 

ピーナッツには、たくさんの栄養素が含まれていて、特に、不溶性食物繊維が豊富に含まれているので便秘の予防にもなりますね。

その他、抗酸化作用が強く、ポリフェノールが含まれていることから、アンチエイジングの効果が期待できるというところも嬉しい魅力です。

 

たくさんの栄養素が入っていて、その上アンチエイジングに良いと聞くと、ついたくさん食べるともっと良いのでは?と思ってしまいますが、どうやら適量でないと太るのでは?という声があるようです。

 

ピーナッツのカロリーや脂質

ピーナッツのカロリーや脂質

それでは、何故適量が良いと言われているのかを検証していきたいと思います。

 

まず、ピーナッツの気になるカロリーや脂質を調べてみました。

100gあたり562kcal程のようです。

1粒1g前後なので、6kcalぐらいです。

 

そんなにたくさん食べられないと思うので、一般的なチョコレートのようなお菓子よりはカロリーを抑えることができそうですが、カロリーが極端に低いというわけではないようです。

 

脂質は100gあたり47.5gで、約半分の成分が脂質でできているそうです。

 

こう見ると、本当にダイエットに向いているのか?と疑問ですが、その他ビタミンE等、含まれている栄養素が豊富なことと、中性脂肪やコレステロール値を低下させる働きがあるようです。

加えて、食物繊維が豊富に含まれていることから、ダイエット向きの食材と言えるでしょう。

ピーナッツのことだけでなく「ピーナッツと豆って何が違うの?」と気になる人はこちらも参考にしてみてくださいね!

 

ピーナッツ食べ過ぎ・摂りすぎはどうなる?

ピーナッツ食べ過ぎ・摂りすぎはどうなる?

栄養価の高いピーナッツは、食べれば食べるほど効果を発揮できるのでしょうか?

実は、食物繊維が豊富なピーナッツは、消化に時間がかかるので食べ過ぎたりすると消化不良を起こして、お腹の調子を悪くしてしまう恐れがあります。

 

そして、カロリーが高いので、食べる量が多くなればなるほど、摂取カロリーが増加し、ダイエットとして取り入れていても逆効果になる可能性があります。

 

一般的には、一日に食べる量を、20〜30粒(20g〜30g程度)に抑えることが良いそうです。

カロリーがあることと、脂質も多いので、やはり適量以上摂取すると、せっかくの効果が十分に発揮できないのでもったいないですね。

 

ピーナッツを食べる時の注意点

ピーナッツを食べる時の注意点

ピーナッツは健康にも良くて腹持ちもすることから、ダイエットの間食やおやつに向いていますが、食べるにあたって注意するところはあるのでしょうか?

前述したように、ピーナッツは食べすぎると消化に時間がかかってしまい、消化不良を起こしてしまいます。

 

お腹の調子が悪くなりやすい人などは適量で止めておく方が良いでしょう。

 

食べやすくて、ついつい少しずつつまみながら食べていると、いつの間にか一袋全部食べていた!なんてことも。

そんな時は、ピーナッツを購入した後に、予め食べ過ぎ防止の為に袋に小分けしておくと良いようです。

 

ピーナッツ食べ過ぎ太らない太る?摂りすぎはどうなる?まとめ

 

今回は、ピーナッツ食べ過ぎ太らない太る?摂りすぎはどうなる?をご紹介いたしました。

ピーナッツは、栄養価も高く、適量を守って摂取していけば身体の健康にも繋がる万能食材だということがわかりました。

万能食材のピーナッツを、ダイエットのおやつとしてだけではなく、毎日の栄養補助として取り入れてみるのもいいですね!

ピーナッツ食べ過ぎのほかに便秘解消になる?それとも便秘になるの?と気になる人はこちらも参考にしてみてください。

食品・食材
スポンサーリンク
口コミ情報-iroiro.
タイトルとURLをコピーしました