ピーナッツ便秘になる解消どっち?効果はあるの?

ピーナッツ・便秘・なる・解消・どっち・効果・ある 食品・食材
スポンサーリンク

 

ダイエット効果が期待できる食材としてあげられるピーナッツ。

ピーナッツは栄養素が豊富に含まれており、ダイエットや健康管理に食事に取り入れている人も多い食材です。

ですが、中には逆に便秘になった!なんていう声もあるようです。便秘解消効果はある?

ピーナッツ便秘解消効果はあるのかや、便秘になることもあるのか、効果をご紹介していきたいと思います。

 

ピーナッツ便秘にいいって本当?

ピーナッツ便秘にいいって本当?

ピーナッツは便秘の人にとって良い食材と言われていますが、それはなぜなのでしょうか?

まず、ピーナッツが持つ力についてご紹介いたします。

 

ピーナッツは栄養素が豊富に含まれており、ダイエットや健康管理に食事に取り入れている人も多い食材です。

 

自然の食材で栄養素が多く含まれているため、サプリメントより安心して食べられるということも魅力の一つのようです。

ピーナッツの栄養素の中に便秘解消になると言われている食物繊維が多く含まれている為、便秘に良いのではと言われています。

 

ピーナッツ便秘解消効果は?

ピーナッツ便秘解消効果は?

便秘の症状に悩んでいる人や、自覚症状がある人は、便秘を解消しようと色々と試したことがあるのではないでしょうか。

薬やサプリメントを試してみても、一時的には解消されますが、持続的に、尚且、手に入れやすい食材で効果があるものはなかなか見つからないですよね。

 

実際に、ピーナッツは便秘解消に繋がる効果はあるのでしょうか?

 

ピーナッツに数多く含まれている栄養素の中で注目すべきものは、食物繊維です。

食物繊維が多く含まれていることから、実際に便秘解消の為に取り入れることを実践している人もいるようです。

 

ピーナッツが便秘解消に繋がる効果があるのであれば、取り入れやすくすぐに実践してみたくなりますね!

ピーナッツ便秘になることもある?

ピーナッツ便秘になることもある?

これだけ栄養素が多く含まれていて、ダイエットや健康管理に適していると思われるピーナッツですが、逆に便秘になったという声もあるようです。

それは何故でしょうか?

 

ピーナッツに含まれている食物繊維は、不溶性の食物繊維が多く含まれています。

不溶性食物繊維は便のかさを増すことで押し出されて排便されるようです。

 

しかし、摂りすぎると、元々便秘だった人は腸のぜん動運動が低下している恐れがあるため、便がなかなか進まず大腸内に留まったまま時間が経つと、水分が吸収されて固くなってしまいより出にくくなってしまう可能性が出てきます。

ピーナッツの便秘に関することだけでなく「豆とナッツの違いは?」と気になる人はこちらもみてみてください!

 

ピーナッツが便秘に良い理由

ピーナッツが便秘に良い理由

前述したように、不溶性の食物繊維が多く含まれているピーナッツ。

不溶性食物繊維は、腸の働きを活発にしてくれて便を押し出す力があるので便秘の予防になると言われています。

 

しかし、食べすぎると便秘になってしまう可能性がでてきてしまうので、適量を摂取することを心がけることが大事ですね!

 

より便通を良くする食べ方として、酢と合わせて食べる方法があります。

酢には腸を刺激する働きがあるので、一緒に食べることで腸内環境を整える効果が期待できて、便秘予防と解消につながるとされています。

この「酢ピーナッツ」は、血圧を下げる効果もあるということで、高血圧の人にも注目されている料理です。

 

皮がついたままの味付けされていない素焼きのピーナッツとお酢、お好みではちみつを入れるとより食べやすくなるそうです。

保存容器にピーナッツと、ピーナッツが浸るくらいまでお酢を入れて冷蔵庫で3日程置いておくと出来上がりです!簡単なのですぐに作ることができそうですね!

 

ピーナッツ便秘になる・解消どっち?効果はあるの?まとめ

今回は、ピーナッツは便秘に効果があるのかや、反対に便秘になるといった声についてご紹介いたしました。

栄養価も高いピーナッツは、特に食物繊維が豊富で便秘予防になるので、毎日摂取したい食材ですね。

食べる時は、適量を守って、食べるタイミングや食べ方を工夫することが重要ですが、ダイエットに気軽に取り入れることができる食材なので、是非お試しください!

ピーナッツ便秘に関すること以外にも食べ過ぎるとどうなる?太る?と気になる人はこちらもチェックしてみてくださいね!

食品・食材
スポンサーリンク
口コミ情報-iroiro.
タイトルとURLをコピーしました