ナッツと豆の違いは何?ピーナッツはどっちなの?

ナッツ・豆・違い・何・ピーナッツ・どっち 食品・食材
スポンサーリンク

 

よくダイエット食品として食べたりおやつに入ってたりと、私達の生活に欠かせない『ピーナッツ』。

美味しくて栄養も豊富なのでダイエット中に食べている人も多いですよね。

そなピーナッツですが実際のところナッツ?豆?などという疑問も。

『ナッツ』とついているのでナッツの仲間?と思ってしまいますよね。

それともあずきやそら豆のような、『豆』の仲間なんでしょうか?

『ナッツ』と『豆』の違いってなんなの?よく考えてみると気になりますよね。

ナッツと豆の違いやピーナッツはどちらの種類になるのか、ピーナッツとナッツには違いがあるのか等をご紹介します。

 

ナッツと豆の違いって?何が違うの?

普段から食べられている『ナッツ』や『豆』。

あまり違いに関しては気にせず食べています。

でも、『ナッツ』と『豆』の違いは何でしょうか?

見た目に大きな違いはありませんし、違いはわかりにくいですよね!

でもふと気になったことがある方もいるのではないでしょうか…!

 

私達が、普段口にしているほとんどのナッツは『種実類』といわれるものです。

 

硬い殻や皮に包まれていて、殻や皮を取り除いた中身の部分を食用として食べるものです。
一方、『豆』はマメ科植物の種子の事を言います。

一般的に豆科の植物の中でも食べることができるものを総称して『豆』と呼んでます。

 

『ナッツ』は木の実と呼ばれていることから、木になった果実の中にある種子の核を食べています。

豆は畑で育ち、花の付け根にできたさやが膨らみその中にある粒が豆として食べられています。

生り方もそれぞれ特徴がありますね!

ピーナッツは便秘になる?それとも便秘解消?気になる人はこちらもみてみてください。

 

豆科のものが豆なの?

前述したように、一般的に『豆』とは、豆科の植物の中で、食べられるものを言います。

豆の代表的なものは、『大豆』『小豆』『いんげん豆』『えんどう豆』『そら』豆等でしょうか。

どれも私達に身近な食べ物ですよね。

 

『豆』は栄養素が多く含まれており『生活習慣病予防』『美容』にも良いと言われているので、多くの人が毎日の生活に取り入れている食材です!

 

『豆』の歴史は古く『弥生時代』に中国から入ってきたものが初めであると言われています。

大豆の栽培が始まったのは『鎌倉時代』より後のようですが、それから今までの長い間豆は日本人の食卓に欠かせない食材になっていったんです。

そんな古くからずっと食べられているなんて驚きです。

 

ナッツにも種類が豊富・どんな種類がある?

『ナッツ』には、いくつか種類があります。

よく知られているナッツは、『アーモンド』や『マカダミアナッツ』、『くるみ』等があります。

『カシューナッツ』や『ピスタチオ』はおつまみやおやつで食べられていて、美味しいので人気ですよね。

 

炭水化物が多く含まれているものと、脂肪が多く含まれているものの2種類あり『アーモンド』や『ピスタチオ』は脂肪が多く含まれている種類のようです。

しかし、中でも『ピスタチオ』は、脂質の他にカリウムや食物繊維が含まれており、体内の水分調整をしてくれる効果があるということから、美容にこだわりを持っている人が意識して取り入れているという事も多いようです!

 

 

小豆/インゲンマメ/ソラマメ/エンドウ豆/大豆/小豆など馴染みがあるものがたくさんありますよね。種類もものすごく多いです。

 

ピーナッツは豆とナッツどっちなの?

『豆』と『ナッツ』の特徴や違いをご紹介しました。

それでは、『ピーナッツ』は豆の仲間なのでしょうか?それとも『ナッツ』の仲間なのでしょうか?気になりますよね。

実は、『ピーナッツ』は、名前に『ナッツ』とついていますが、ナッツの仲間ではなくて、豆の仲間のようです。

ナッツは、種実類ですが、『ピーナッツ』は豆科植物の種子です。

豆科ラッカセイ属にあたる『ピーナッツ』。

木の実ではなく、畑で育つ豆の仲間だったのです。

 

なぜ『ナッツ』とついているのかというと、ピーナッツは豆科の植物でありながら栄養素がナッツ類に近い成分だからです。

脂質の多さがアーモンド等と同じくらい多い上に、味や食感が似ていることから、「ナッツの仲間」として扱われているようです。

 

ナッツと豆の違いは何?ピーナッツはどっちなの?まとめ

 

ナッツと豆の違いは何?ピーナッツはどっちなの?についてご紹介いたしました。

『ピーナッツ』が『ナッツ』ではなくて『豆』の仲間であるということは驚きでしたね!

『ナッツ』とついていることから『ピーナッツ』だと思っている人が多いと思います!

豆にもナッツにもたくさんの種類があり、それぞれにたくさんの栄養素が含まれていることがわかりました。

お手頃に購入することができるのでナッツと豆を毎日の食卓に取り入れたいですね♪

また、ピーナッツがいくらいいといっても食べ過ぎるとよくないですよね。

ナッツと豆の違いはわかったけど、ピーナッツは太ることある?食べ過ぎたらどうなる?気になる人はぜひみてみてくださいね。

 

食品・食材
スポンサーリンク
口コミ情報-iroiro.
タイトルとURLをコピーしました