業務スーパー肉団子まずい美味しくないは嘘?肉は大丈夫・安全?

業務スーパー・肉団子・まずい・美味しくない 食べ物
スポンサーリンク

 

値段が安く、コスパの良い商品がたくさんある業務スーパーは家計の味方ですね。

その中でも、ボリュームと手軽さで人気がある肉団子。

しかし、業務スーパーの肉団子がまずいという意見があります。

「こんなに安くて大丈夫なのか。」と考えるのも理解できます。

・業務スーパーの肉団子は本当にまずいのか?
・肉の安全面は大丈夫なのか?

この2点を業務スーパーの肉全体の安全性と共にに見ていきましょう!

 

業務スーパーの肉は危なくない?安心?

業務スーパーでは様々な種類の肉が販売されています。

国産の自社工場で生産・加工しているものから、外国から直輸入の物まであります。

特に皆さんが不安視されているのは、外国産の肉だと思います。

以前にブラジルや中国で、賞味期限切れの食肉や加工品を流通させていたと報じられて、不安を覚えた方も多くいます。

しかし日本は、国連食糧農業機関(FAO)のコーデックス食品規格を厳守しています。

よって、国内に日本の基準に満たない食肉が入ってきた場合に制限をすることが出来るので、業務スーパーなどの店頭に並べられている食肉は安全だと言えます。

 

業務スーパーの肉大丈夫?まずいの?

リーズナブルでコスパが良い業務スーパーの肉。

しかし、美味しくないといった声も聞こえます。

確かに輸入肉は国産のものとは味が違います。

味が気になる方は、業務スーパーでは国産の肉も多くあります。

国産の肉を選んでみてはいかがでしょうか。

 

業務スーパー売っているお肉の種類

現在、業務スーパーのチルド肉では、吉備高原どり:ささみ、手羽先、手羽元、むね肉、もも肉。

上州高原どり:ささみ、手羽先、手羽元、むね肉、もも肉が販売されています。

冷凍肉では、それに加えて国産のぶつ切り肉、砂肝、首皮、そしてブラジル産のもも肉が加わります。

冷凍加工肉では、鳥皮串(中国産)、鶏もも唐揚げ(ブラジル産)、豚焼肉たれ漬け(アメリカ産豚肉)、プルコギ(アメリカ産豚肉)、ぽんじり焼き鳥串(中国産)があります。

国産の鶏肉が多いですね。

 

業務スーパー肉だんごもまずいって本当?

 

コスパもよくボリュームもある業務スーパーの肉団子。

そんな業務スーパーの肉団子は本当にまずいのでしょうか?

結論としては、人によって好みがあるので何とも言えません。

パッケージを見てみると、食肉含有量が35%と表記がされています。

家で作る肉団子に比べると、肉の量が少なく、つなぎが多いです。

肉の味や食感が好きな人はまずいと感じるのでしょう。

 

 

 

業務スーパー肉団子のアレンジ方法は?

 

業務スーパーの肉団子がまずいと感じる方はアレンジすることをお勧めします。

ケチャップと中濃ソースを絡めてミートボールにしたり、たっぷりの野菜と一緒にスープに入れるのもお勧めです。

そのまま食べるだけではなく、アレンジを楽しんで下さいね。

 

 

 

そして安全面ですが、業務スーパー独自の「品質管理システム4つの重点的な取り組み」の商品開発事前チェック、現地工場チェック、品質安全検査、商品検査が行われているので安心して食べられます。

 

業務スーパー肉団子まずい美味しくないは嘘?肉は大丈夫・安全?まとめ

 

業務スーパー肉団子まずい美味しくないは嘘?肉は大丈夫・安全?について紹介しました。

味の好みは人それぞれですよね。

肉自体も国のチェックと業務スーパー独自の品質管理システムがあり、安全面では心配ないですね。

肉団子の味がまずいと感じた場合は是非、アレンジを楽しんでみましょう。

内容量もたっぷりなので惜しみなく使えますよね。

レシピサイトでも、業務スーパーの肉団子を使用したレシピが、たくさん掲載されています。

ご自身のお好みの一皿を見つけてみましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました