業務スーパー食品

業務スーパー生フランクまずい?こだわりプレーンカロリーや口コミ

業務スーパー・生フランク・まずい・口コミ・カロリー

 

業務スーパーでは、『こだわり生フランク プレーン』という商品が販売されています。

Twitterでも食べている人の多い人気の商品。

ですが、業務スーパーの生フランクがまずいという声もあり、気になりますよね。

口コミやカロリーはどのくらい?食べ方やアレンジ方法は?

業務スーパーの生フランクは、美味しいのか?まずいのか?、口コミやカロリー、お勧めの食べ方やアレンジ方法などについて紹介します。

 

業務スーパー生フランクプレーンがまずい・美味しい?

業務スーパーの生フランクは『こだわり生フランク プレーン』という商品名で販売されています。

『こだわり生フランク プレーン』は、天然ケーシング(豚腸)を使用していて、外側はパリッとした歯ざわりで、中はジューシーな味わいのソーセージです。冷凍で保存する商品です。

ボイルするのがお勧めの食べ方で、肉汁あふれるジューシーな食感が楽しめます。

 

「プレーン」ということですが、ハーブやスパイスの風味があるそうです。

業務スーパーの生フランクがまずいという声があるようですが、ハーブやスパイスの風味が苦手な方もいらっしゃるのかもしれませんね。

 

業務スーパー生フランクのカロリーと栄養成分表示

 

業務スーパーの生フランクの栄養面も気になりますね。

『こだわり生フランク プレーン』の栄養成分表示です。

 

『こだわり生フランク プレーン』100gあたりの栄養成分
・エネルギー:288kcal
・たんぱく質:13.8g
・脂質:23.6g
・炭水化物:2.0g
・食塩相当量:1.9g

一袋にソーセージが10本入っていて1kgなので、生フランク1本約100gです。

1本100gのソーセージは、かなりボリュームがあります。食べすぎには注意ですね!

 

業務スーパー生フランクがまずい?口コミ

 

 

 

 

美味しいと感じている人の多い大人気商品。

しかし、中には口に合わないと感じている人もいるようです。

人によって好みは違いますよね。

業務スーパー生フランクはどんな食べ方をしたら美味しいの?

業務スーパー生フランクのアレンジ方法についてもご紹介します。

 

業務スーパー生フランクのアレンジ方法

業務スーパーの『こだわり生フランク プレーン』の基本の食べ方はボイルです。

アレンジ方法として、「ボイルした後に焼く」、「ポトフに入れる」などがあります。

 

  • ボイルする(基本の食べ方)

『こだわり生フランク プレーン』は切り離して、冷蔵庫で3時間ほど置いて解凍します。鍋に沸騰した湯を用意し、生フランクを入れ、強めの弱火で15分ほどボイルします。

 

  • ボイルした後に焼く

ボイルした後に、フライパンで表面を軽く焼きます。皮がパリッとして、食感が良くなります。

 

 

  • ポトフに入れる

キャベツ、玉ねぎ、人参、ジャガイモなど好みの野菜と、凍ったままの『こだわり生フランク プレーン』を煮込みます。洋風スープの素、塩、コショウなどで味つけします。

野菜と生フランクに火が通ったら出来上がりです。(火の強さによりますが、20分くらいは加熱します)生フランクは十分に煮込んで、火を通してくださいね。

 

※『こだわり生フランク プレーン』は皮がつながっているので、ハサミなどで切り離してから調理してください。

 

業務スーパー生フランクまずい?こだわりプレーンカロリーや口コミまとめ

 

業務スーパー生フランクまずい?こだわりプレーンカロリーや口コミについて紹介しました。

業務スーパーの生フランクは、『こだわり生フランク プレーン』という商品名で販売されています。1kgという大容量で、冷凍保存ができます。

業務スーパーの生フランクがまずいという声もあるようですが、ボイルしたり、ボイル後に焼いて皮をパリッとさせたり、ポトフの材料にしたりと、色々な食べ方ができる人気商品です。機会があったら試してみてくださいね!

業務スーパー生フランクだけでなく業務スーパーやわらか煮豚がまずい?と気になる人はこちらもみてみてください。