業務スーパー食品

業務スーパー牡蠣まずい・あたるや安全性は?冷凍の解凍方法!

業務スーパー・牡蠣・まずい・あたる・安全性・冷凍・解凍・方法

 

牡蠣は美味しいけれど、高価だし、下処理が面倒だと思っていませんか?

業務スーパーの『冷凍かき(IQF)』は、殻をむいた牡蠣が急速冷凍されたもので、必要な分だけ解凍して、調理できる便利な商品です。

業務スーパーの冷凍牡蠣がまずいという声もありますが、美味しい牡蠣料理が手軽につくれるので、人気があります。

あたる?安全性や冷凍の解凍方法は?

業務スーパーの『冷凍かき(IQF)』はまずいのか、美味しいのか?特徴、安全性、解凍やアレンジの方法について紹介します。

 

業務スーパー牡蠣冷凍の特徴

 

業務スーパーの『冷凍かき(IQF)』は殻をむいた牡蠣を急速冷凍した商品です。

バラ凍結(IQF)なので、使う分だけ取り出し、残りを冷凍保存しておくことができます。

『冷凍かき(IQF)』は800g入り。

原産国は、韓国です。

 

下処理なしで、解凍後にすぐに調理できて、牡蠣の旨味が味わえると人気があります。

牡蠣は高級感がある食材です。

その為、牡蠣を使った料理も贅沢な感じがしますよね。

『冷凍かき(IQF)』があれば、牡蠣を使った、ちょっとだけ贅沢な料理を手軽につくることができますよ!

 

業務スーパー牡蠣あたる?安全性

 

冷凍の牡蠣の安全性が気になるという声もありますが、業務スーパーは徹底した品質管理システムのもとで、すべての安全基準をクリアした商品のみを販売しています。(公式HPより)

『冷凍かき(IQF)』も業務スーパーの基準をクリアし、販売されています。

 

また、『冷凍かき(IQF)』は加熱調理用の商品です。

解凍後の牡蠣は必ず加熱調理してくださいね。

加熱調理して、牡蠣の内部にまでしっかり火を通すことで、食中毒のリスクは下がると思われます。

 

業務スーパー牡蠣まずい・美味しい?口コミ

 

 

 

 

人気の業務スーパーの牡蠣ですが、美味しくないと感じている人もいるようです。

次に解凍方法やアレンジ方法についてご紹介します。

 

業務スーパー牡蠣解凍方法

業務スーパーの『冷凍かき(IQF)』の解凍方法とアレンジ方法を紹介します。

 

・『冷凍かき(IQF)』の解凍方法

自然解凍の場合は、重ならないように並べ、冷蔵庫で60分解凍します。

解凍後に塩水で振り洗いをすると、かき独特のくさみが軽減します。

急いでいる場合は、水1Lと塩大さじ1をボールに入れ、そこに冷凍されている牡蠣を入れて、5分解凍します。

半解凍状態になれば、調理ができます。

解凍しすぎると、旨味がでていってしまうので、注意してください。

 

業務スーパー牡蠣アレンジ方法

 

・『冷凍かき(IQF)』のアレンジ方法

解凍した牡蠣は、様々な料理にアレンジできます。

口コミによると、牡蠣フライ、牡蠣の炊き込みご飯、牡蠣のバター醤油炒め、アヒージョ、牡蠣入りの鍋料理などに活用されています。

また、業務スーパーの公式HPには、「クルジョン(かきのチヂミ)」、「クルクッパ(韓国のかき入りスープご飯」、「クルバプ(韓国のかきご飯)」のレシピが掲載されています。

『冷凍かき(IQF)』を使って、韓国風アレンジを楽しむのもいいですね!

 

業務スーパー牡蠣まずい・あたるや安全性は?冷凍の解凍方法!まとめ

 

業務スーパー牡蠣まずい・あたるや安全性は?冷凍の解凍方法!について紹介しました。

『冷凍かき(IQF)』は、下処理済みで、必要分ずつ解凍・調理ができる便利な商品です。
自然解凍か塩水につけて解凍します。

解凍後はしっかり加熱することで、安全に美味しく食べることができます。

解凍後の牡蠣は、様々な料理にアレンジ可能で、業務スーパーの公式HPには、韓国風アレンジのレシピも載っています。

冷凍の牡蠣はまずいという声もありますが、業務スーパーの冷凍牡蠣は美味しいという口コミが多く、人気があります。

牡蠣が好きな人は、機会があったら、試してみてくださいね!